1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 児童書

ひみつのたからチョコラーテ ランドセルブックス

平山暉彦【作】

定価 ¥1,320

¥550 定価より770円(58%)おトク

獲得ポイント5P

残り1点 ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

3/5(火)~3/10(日)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 福音館書店
発売年月日 2012/06/15
JAN 9784834027341

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

3/5(火)~3/10(日)

ひみつのたからチョコラーテ

¥550

残り1点
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

3.3

4件のお客様レビュー

レビューを投稿

2020/08/29

[江東区図書館] 図書館で立ち読み。 ちょうど先日のび太の恐竜クイズで「古代メキシコではカカオ豆が食べる以外に何に使われていたか」というものがあったので、その答えとなる貨幣使いも紹介されているかなと思って読んでみた。 アステカ→スペインと運ばれ、以前マンガでも読んだ緑茶や紅茶...

[江東区図書館] 図書館で立ち読み。 ちょうど先日のび太の恐竜クイズで「古代メキシコではカカオ豆が食べる以外に何に使われていたか」というものがあったので、その答えとなる貨幣使いも紹介されているかなと思って読んでみた。 アステカ→スペインと運ばれ、以前マンガでも読んだ緑茶や紅茶のように当時は価値ある秘密として扱われたこと、後にオランダでココアが、イギリスで板チョコが、スイスでミルクチョコレートが開発されたこと、スペイン王女がフランスに嫁いだ際に持ち込んだことによって世界に広がったことなどが書かれていた。 児童書によくある?、「博士の元に少年が尋ねるとタイムスリップしてその時代に行ってしまった」という手法でマンガ的に描かれているので読みやすい反面、書いてあることは整理しづらいかも。よほど「カカオやチョコレート」について紹介したいという目的でもなければ、読み聞かせでは使えないかな。

Posted by ブクログ

2019/08/23

いまはなき、小学校低学年向きの雑誌「おおきなポケット」に掲載された作品の単行本化。少年と発明家のおじさんがうっかり400年前にタイムトリップというコミック仕立てでチョコレート(カカオ)が南米からヨーロッパに(ひそかに)もたらされた経緯を知ることができる。 雑誌で楽しんで(長女)、...

いまはなき、小学校低学年向きの雑誌「おおきなポケット」に掲載された作品の単行本化。少年と発明家のおじさんがうっかり400年前にタイムトリップというコミック仕立てでチョコレート(カカオ)が南米からヨーロッパに(ひそかに)もたらされた経緯を知ることができる。 雑誌で楽しんで(長女)、単行本になってすぐ買って本棚にずっとあったけれど、今になって「チョコレートってどこでうまれたの?」と言い出した中1ぼーずに手渡したら楽しく読んだ。

Posted by ブクログ

2015/06/12

しょうたくんが大航海時代にタイムスリップして、チョコレートがヨーロッパにもたらされた経緯を体験する、コミック調の絵本。 子供にはとても面白かったようです。 現代のカカオ栽培の(児童)労働の低賃金・過酷さ~フェアトレードまで盛り込んだらもっと深みが…けどそれしちゃったら、子供に...

しょうたくんが大航海時代にタイムスリップして、チョコレートがヨーロッパにもたらされた経緯を体験する、コミック調の絵本。 子供にはとても面白かったようです。 現代のカカオ栽培の(児童)労働の低賃金・過酷さ~フェアトレードまで盛り込んだらもっと深みが…けどそれしちゃったら、子供にとっては面白くなくなっちゃうのかな。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品