• 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 書籍

平時の指揮官 有事の指揮官 人を動かすには、何が必要か

佐々淳行(著者)

定価 ¥1,709

¥220 定価より1,489円(87%)おトク

獲得ポイント2P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

3/1(金)~3/6(水)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 クレスト社/
発売年月日 1995/04/01
JAN 9784877120283

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

3/1(金)~3/6(水)

平時の指揮官 有事の指揮官

¥220

商品レビュー

0

1件のお客様レビュー

レビューを投稿

2011/11/14
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

論語 下学して上達す 常に手近なところから学び、視野を広げ、上達することを志す者は君子になり、常に上から下を見ようとする人間、つまり自分の限られた知識だけでしか物事の判断をしないのは小人になる 功は部下に譲り、部下の過ちは自らが負う 悲観的に準備し、楽観的に対処する よい報告に接した時は残心の構えが大切 計画立案はペシミストに、計画の実施はオプティミストに 後方支援のイロハはなにも前提にするな ナポレオンは若いころプルターク英雄伝を愛読 不決断は誤った決断より罪が深い 難しい決断を下す能力があるかないか これこそ族長と部下をわけるものである 凡庸であるが忠実な部下には我慢せよ、だが有能であるが不実な部下を容認してはならない

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品