1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • コミック
  • 講談社

働きマン(1) モーニングKC

安野モヨコ(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥627

¥165 定価より462円(73%)おトク

獲得ポイント1P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

4/25(木)~4/30(火)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 講談社
発売年月日 2004/11/22
JAN 9784063289992

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

4/25(木)~4/30(火)

働きマン(1)

¥165

商品レビュー

4.2

200件のお客様レビュー

レビューを投稿

2021/05/22

2021.5.22市立図書館 いまさら芋づる式に安野モヨコ、その2。 とある週刊誌編集部が舞台、仕事に貪欲でスイッチはいるとなりふり構わない主人公松方弘子と同僚、恋人、友だちのエピソードで仕事と人生を描いていて読み応えあり。一話完結の連作短編風。 いろんなタイプの人がいて、いろん...

2021.5.22市立図書館 いまさら芋づる式に安野モヨコ、その2。 とある週刊誌編集部が舞台、仕事に貪欲でスイッチはいるとなりふり構わない主人公松方弘子と同僚、恋人、友だちのエピソードで仕事と人生を描いていて読み応えあり。一話完結の連作短編風。 いろんなタイプの人がいて、いろんな仕事の仕方がある。ぱっとみ共感できない、気が合わない、好きになれない、と思ったとしても、付き合ってみるとその人なりに筋が通っていたり、思いがけない一面があったり、意外と悪くなかったりするものだな、という話。続きも借りてみよう。 1 女の働きマン(松方弘子) 2 おいしいところを持ってきマン(成田君男) 3 張り込みマン(菅原文哉) 4 ラーメンマン(小林明久) 5 あやまりマン(建設会社現場監督・山城新二) 6 振り向きマン(渚マユ) 7 お姫さマン(野川由実) 世界的に売れる雑誌を作るという野望を抱いたサバサバした主人公は自分からは遠い人物に見えるけど、かばん(裏表紙)に入ってる本が内田百閒ってあたりに親しみを感じる。初出2004年「モーニング」だけど、このころはまだスマホはなくてケータイだったし、(2巻の編集長もそうだけど)みんな新聞や手帳や本を持ち歩いてたんだなぁ、と思う。

Posted by ブクログ

2018/12/24

ずーっと読みたかった本。 一気に4冊大人買い。 一気読み。 やっぱり面白かった。 けど、まだ続いているのね。

Posted by ブクログ

2018/03/07

買ったまま1年以上積んでた。 友人から評判は聞いていたけどやはり面白い、けど分かりすぎてイタイやつ。 続きはまた積んどこう。。。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品