• 中古
  • 書籍
  • 書籍

トンネルの森 1945

角野栄子(著者)

定価 ¥1,320

¥770 定価より550円(41%)おトク

獲得ポイント7P

在庫なし

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 KADOKAWA
発売年月日 2015/07/17
JAN 9784040677132

トンネルの森 1945

¥770

商品レビュー

4

28件のお客様レビュー

レビューを投稿

2023/11/16

国際アンデルセン賞作家賞受賞作品。 角野栄子さん自身の戦争体験から書かれたもの。 戦後70年以上がたち、戦争を知らない世代が政治を行っている時代。 辛いだろう記憶をこうして後世に伝えようとしてくださる人がいることに感謝したい気持ち。 そして、それをより多くの人に届けなければ、...

国際アンデルセン賞作家賞受賞作品。 角野栄子さん自身の戦争体験から書かれたもの。 戦後70年以上がたち、戦争を知らない世代が政治を行っている時代。 辛いだろう記憶をこうして後世に伝えようとしてくださる人がいることに感謝したい気持ち。 そして、それをより多くの人に届けなければ、とも思います。

Posted by ブクログ

2023/11/10

良かったです。角野栄子さんにハマっていて、その一環としてなんとなく手に取った本でしたが、何度も目頭が熱くなりました。 戦争とは比べ物にはなりませんが、コロナが蔓延したときに、「少し前までは、密な映画館で映画見たり、みんなで会食したり…世界がまったく変わってしまった。」と不安に思っ...

良かったです。角野栄子さんにハマっていて、その一環としてなんとなく手に取った本でしたが、何度も目頭が熱くなりました。 戦争とは比べ物にはなりませんが、コロナが蔓延したときに、「少し前までは、密な映画館で映画見たり、みんなで会食したり…世界がまったく変わってしまった。」と不安に思ったり、悲しい気持ちに押しつぶされそうになったりしたので、イコちゃんの平和だった頃がまるで嘘みたい、と思う気持ちな少しだけわかりました。 イコちゃんの気持ちもとても共感できるけど、継母の気持ちも分かるような気がしました。継母が悪い人でなくて良かった。 イコちゃんのお父さんと結婚して、イコちゃんを本当の娘のように育てる決意でいたんだろうけど、自分に余裕がないと、血の繋がらない子どもにそんなに優しくはできないよね。でも、振袖を試着するシーンは本当に心温まって、継母なりの愛情を感じました。 脱走兵については結局何もわからないまま。飢餓で死んじゃったんだろうか。オバケだったんだろうか。わからない。けど、脱走兵の存在があったから、トンネルの森はイコちゃんにとって孤独の中で特別の存在であり、友達になれたのかな。 戦争で家族が離れ離れになったり、生き別れたり、孤児になったり…本当に辛い時代があったんですね。 今の平和に感謝するととともに、海の向こうでは戦争が続いている。1日でも早い平和を願います。 色々なことを考えさせてくれる本でした。

Posted by ブクログ

2023/11/04

小学生のイコはお母さんが亡くなって新しいお母さんと産まれたばかりの弟と疎開 お祖母さんと住んでた時もあったけど、お祖母さんは戦争の空襲で犠牲に… 疎開先では、今まで住んでいた東京とは喋り方も違うしなかなか馴染めない 田舎の言葉を真似て、友達になろうとするも 東京の言葉の方がいいと...

小学生のイコはお母さんが亡くなって新しいお母さんと産まれたばかりの弟と疎開 お祖母さんと住んでた時もあったけど、お祖母さんは戦争の空襲で犠牲に… 疎開先では、今まで住んでいた東京とは喋り方も違うしなかなか馴染めない 田舎の言葉を真似て、友達になろうとするも 東京の言葉の方がいいと言われる それでも郷に入れば郷に従え精神で田舎の言葉を真似る 東京に残してきた父親も空襲にあい 記憶喪失に 家の近所にある大きな暗い森は 脱走兵が自殺した場所と言われ いつも通る時は、怖い思いを なぜかハーモニカの音が聞こえたり不思議な場所 小さな子でも 昔はよかったと思う戦時中

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品