1,800円以上の注文で送料無料

葬送のフリーレン(VOL.8) の商品レビュー

4.4

18件のお客様レビュー

  1. 5つ

    7

  2. 4つ

    4

  3. 3つ

    2

  4. 2つ

    0

  5. 1つ

    0

レビューを投稿

2024/04/30

北部地方を進むフリーレン一行、戦う魔物も強くなってくる。勇者ヒンメルの死から30年が経過する。旅の中で一級試験で関わったゲナウ、メトーデと共闘することに。これから一級魔法使いが戦いの仲間だと思うと頼もしい。フリーレンがフェルンを信頼しているのがよく分かる。

Posted byブクログ

2024/03/31

ハイターの言葉から、つまらないことも笑い飛ばしてしまえばいい、ということを学びました。 日常ではちょっとしたことで嫌な気持ちになるものだけど、そんなときこそ笑ってしまおうと思いました。 余裕のある人になりたいです。 次回、9巻も楽しみです!

Posted byブクログ

2024/02/08

第8巻。危険な北部高原へ進んできました。 一級魔法使い同伴じゃないと進めないという危険な地域ですが、でも結構人が住んでるんですね。ちょっと意外。 そしていろいろ魔族が出てきました。神技のレヴォルテ強かったですね。 あと、「なでなでが好きな」メトーデさん、良い味出してます。美人だし...

第8巻。危険な北部高原へ進んできました。 一級魔法使い同伴じゃないと進めないという危険な地域ですが、でも結構人が住んでるんですね。ちょっと意外。 そしていろいろ魔族が出てきました。神技のレヴォルテ強かったですね。 あと、「なでなでが好きな」メトーデさん、良い味出してます。美人だし素晴らしい。 次巻は最後にして最強の七崩賢、黄金郷のマハト登場ですか。どうなることでしょう。この巻では、フリーレンがあまり活躍してません。次巻では活躍するのかな。

Posted byブクログ

2023/11/05

人間と魔族の違い描かれることで、人間とは何かについて考えさせられる。 酒は楽しく!貸し借りは無しで!

Posted byブクログ

2023/10/29
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

名前忘れたけどシュタルクと戦ってる一級魔法使いの人冷酷ぶった優しさ人間で大好きになった。メトーデはフリーレンにもゼーリエにも物怖じしないのすごすぎwwデンケン出てきたけど一級魔法使いになった真の目的を果たしに行く感じ……毎回ジワジワ面白い!

Posted byブクログ

2023/09/29
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

第68話~77話 巻が進むごとにフリーレンがおちゃめでかわいいのと、シュタルクがただのヘタレではなくかっこいいのがわかるようになってきた。 ストーリーも世界観も淡々としてるけど、不思議と読めてしまう。まだ続きいける。

Posted byブクログ

2022/11/09

皇帝酒!エルフの悪戯!笑って飲む酒がうまい。 ゲナウとメトーデ! 流石1級魔法使い。つよい。 人間の弱みを握れて人間の感情は持たないの厄介。 デンケンの冒険が始まりそう。

Posted byブクログ

2022/10/31
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

【あらすじ】 今は亡き勇者たちとの旅路を再び歩む魔法使い・フリーレン。一級魔法使いを伴わないと進めない、過酷な北部高原へ。途上、魔法使いたちと再会、そして魔族との会敵――物語は、美味くないパンの味を思い出させる。英雄たちの“郷愁”を滲ませる後日譚(アフター)ファンタジー! ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

Posted byブクログ

2022/10/05
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

サンデーうぇぶりにて拝読。8巻は68〜77話を収録。 面白かった。70話にてゲナウ、メトーデと再開し、新章開幕。村を襲った魔族を倒すことに。 無表情で魔族に強い敵意を向けながらも、人を思いやる気持ちを持つゲナウがすぐに好きになった。過去に何があったのか気になる。 魔族が人間が死体を守ることを「なぜそうするかは分からないがそう言う習性を利用する」と言っていてぞっとした。やっぱり人間とは相容れない。 戦闘シーンを大ゴマも使わずに淡々と書いてるのは、あえてそうしてるのかな。欲張りだけど分かっているけどもっと迫力が欲しくなってしまう。

Posted byブクログ

2022/07/18

さりげなく章初めに出ている 「勇者ヒンメルの死から○年」を見ると 確実に月日が流れているのだなぁと思う。 旅の途中に人助けしまくり〜。 でもそれも、ヒンメルたちとの思い出の中に 理由があったのね。 後半は一級試験の時に試験官だった ゲナウの故郷の村に巣食った魔族討伐。 相棒の...

さりげなく章初めに出ている 「勇者ヒンメルの死から○年」を見ると 確実に月日が流れているのだなぁと思う。 旅の途中に人助けしまくり〜。 でもそれも、ヒンメルたちとの思い出の中に 理由があったのね。 後半は一級試験の時に試験官だった ゲナウの故郷の村に巣食った魔族討伐。 相棒のメトーデのキャラがなんか妙(笑) こういうシリアスの中にあるユルい感じ 私がこの漫画を好きなところです。

Posted byブクログ