1,800円以上の注文で送料無料

葬送のフリーレン(VOL.6) の商品レビュー

4.3

30件のお客様レビュー

  1. 5つ

    11

  2. 4つ

    8

  3. 3つ

    4

  4. 2つ

    0

  5. 1つ

    0

レビューを投稿

2022/03/24

王道の異世界ものですが他の作品と違う主人公の立ち位置。俺TUEEEEが苦手な人にもおすすめ。 あとフリーレン好き。

Posted byブクログ

2022/03/19

思ったよりガッツリ試験編でびっくりした、前の巻みたいに優しい話メインでいいんだけどなあ 一巻に2話ぐらいある仲良しパートの質と配分が、相変わらずいい。マジでバトルありとんちありの想像以上に王道試験編だったな

Posted byブクログ

2022/02/03

魔法試験編が長すぎる…。 試験のスケジュールがいまいちわからないから、すごく長く感じる。 内容が面白かったら気にならないのかもしれないけど。 登場人物が多くなりすぎて状況を把握するのがめんどくさくなってるのもある。

Posted byブクログ

2022/04/29
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

【あらすじ】 魔王を倒した勇者一行の魔法使い・フリーレン。魔法使い試験、第二次試験は迷宮(ダンジョン)攻略です。多彩な魔法使いたちと、紐解かれるフリーレンの本領――物語は、魔法使い師弟の絆を紡いでいく。英雄たちの“真意”が語られる後日譚ファンタジー! ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

Posted byブクログ

2021/12/27

2次試験は未踏破のダンジョンアタック。多くの冒険者が戻らなかったとは言うが、1次試験に比べると死者数が全然少ない。マッチョゴーレムを召喚して安全に離脱できるとは言え、酷い試験内容とは一体何だったのか。にしても、皆あっさりと瓶割るんですね。望んだ魔法を得られる特権、3年に1回しか無...

2次試験は未踏破のダンジョンアタック。多くの冒険者が戻らなかったとは言うが、1次試験に比べると死者数が全然少ない。マッチョゴーレムを召喚して安全に離脱できるとは言え、酷い試験内容とは一体何だったのか。にしても、皆あっさりと瓶割るんですね。望んだ魔法を得られる特権、3年に1回しか無い試験というハードルの割りに、結構現実を見ている者が多い

Posted byブクログ

2021/12/14

いい漫画だ。戦闘の描写に凝りすぎなくても主人公たちの強さが分かるような表現になっているところや、会話のテンポややり取りが平坦なところは他の作品にない特徴だと思う。その分過去の記憶と現在を行き来する見せ場の部分がより際立っている気がする。

Posted byブクログ

2021/12/13

魔法使い試験の続き。 ダンジョン♪ダンジョン♪ 二次試験はチーム制ではないので 再びフェルンと行動を共にするフリーレン …ですが(笑) まったく、このお師匠様は…。 他の魔法使いたちの個性も 少しずつ違いがわかってきたかな。 そして、今回もヒンメル…いいね。 いつもちょっとだけ...

魔法使い試験の続き。 ダンジョン♪ダンジョン♪ 二次試験はチーム制ではないので 再びフェルンと行動を共にするフリーレン …ですが(笑) まったく、このお師匠様は…。 他の魔法使いたちの個性も 少しずつ違いがわかってきたかな。 そして、今回もヒンメル…いいね。 いつもちょっとだけ顔出して おいしいとこ持ってくなぁ。 ときどき人間とエルフの思考回路の差で ちょっぴり傷つくフェルン。 シュタルクがいてくれて良かった。

Posted byブクログ

2021/12/01

なんとも言えない淡々とした感じ。 巻数が進んでも、淡々としている。 でも、沁みる。 今回も要所要所で、 フリーレンがヒンメル達との思い出を振り返る。 本当に沁みる。 人間も捨てたもんじゃないなぁ。

Posted byブクログ

2021/11/30

トラップ宝箱見つけたら取り敢えず突っ込んでしまうフリーレンにとって、迷宮攻略なんて相性悪いかと思いきや意外とそうでもなかった。そりゃそうか、勇者一行として何度もダンジョンに潜ってるんだもんな 舞台は未踏破の迷宮。そんな場所が二次試験に選ばれるなんて意地が悪い…… まあ一応は真...

トラップ宝箱見つけたら取り敢えず突っ込んでしまうフリーレンにとって、迷宮攻略なんて相性悪いかと思いきや意外とそうでもなかった。そりゃそうか、勇者一行として何度もダンジョンに潜ってるんだもんな 舞台は未踏破の迷宮。そんな場所が二次試験に選ばれるなんて意地が悪い…… まあ一応は真っ当に協調姿勢を取ればクリアが容易な内容にも成っていたのだけど、その真っ当な道を選べない時点で合格者には成りえないんだろうなぁ…… そんなこんなで始まった迷宮攻略は道程そのものは順調でも途中からとんでもない敵が登場したね 前巻から度々指摘されていることだけど、本作に登場する魔法使いたちには明確に相性が存在している。自分と同一存在なら運次第、相性が良ければ楽勝でも悪ければ瞬殺される。自分の鏡像となる複製体が登場したことでそれぞれの魔法使いたちは難局に立ち向かうことに成ったようで 前巻から始まった一級魔法使い試験。これは4巻までの物語とだいぶ方向性が異なるものの、この一連の試験では現代魔法の在り方や現代における魔法使いたちの考え方が様々な形で描かれているように思う フリーレンとフェルンは初期から魔法使いとして登場しているけど、使用する魔法のルーツが非常に古いために現代を映す存在としては不適合だった。けど、この試験で登場する魔法使いたちは完全に現代的。それらは実力的にはフリーレン達より劣るものの、相性の問題によりフリーレンたちに勝つ可能性を秘めている そういった意味では迷宮最深部に陣取った複製体フリーレンの存在は攻略不可能と感じるのに相応しい相手であると同時に現代の魔法使いたちの底力を試すものにもなっているわけだね フリーレンの耐性は高すぎる為に拘束も精神操作も効かない。でも防御術式の解析なら出来るし、それを破れるだろう魔法使いも存在していた。まあ、その方法自体は複製体の特性により無理だったわけだけど そして多数の魔法使いたちが集まって情報を分け合って見出した複製体フリーレンの弱点。それとて、複製体を絶対に倒せる道というわけではなかったが、フリーレンが言及したようにああして皆でああでもないこうでもないと話し合うことこそ迷宮攻略の醍醐味で、現代の魔法使いにおける望ましい在り方なのかもしれないね フェルンの一般攻撃魔法ならフリーレンを殺せる。だからそこに勝機があると考える。まあ、その程度で勝てるほどフリーレンは易しくないのだけど でも、こうしてフェルンの攻撃が至高のエルフに届くまで研ぎ澄まされたのは回想で明かされたようにフランメの成果が根底にあるんだよね。フランメによって切り開かれた道がやがてフリーレンを殺す未来へ繋がった 今回はフェルンの魔法がフリーレンの高みに届く事はなかったものの、未来のビジョンを描き出すという意味では充分な成果だったんじゃなかろうか? あと、ゼーリエの隠された魔法も見極めていたしね

Posted byブクログ

2021/11/24
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

漫画喫茶で読みました。 第二次試験(零落の王墓攻略)から第三次試験(ゼーリエ面接)まで。 フェルンの杖が壊れたりもする。 ここに来て展開が足止め状態。 自分のコピーと戦うってのはファンタジーの王道だけど・・・。 ここまで完璧に複製できる魔物がいるのに、なんで魔王は滅ぼされたのか。 自分の複製を作れば影武者にも使えるし、複数作れば戦力的にとんでもないことになるだろうに。 むしろ水鏡の魔物が天下を取っても不思議じゃないくらい。 あ、だから封印された(もしくは王墓にされている)んだろうか? てか、その時にダンジョンにいる人物しか複製できないんだろうか? 過去の強者を記憶しておくとか、そのまま複製して残しておくってのは無理なのかもしれない。 1人につき1体といった制約もありそう。 てか、あの瓶詰ゴーレムを大量に持ち込めば攻略可能そうなのだけど。 なんで未踏破なんだろう? 試験のために残してあったんだろうか? そして、ユーベルが壁が斬れると思えば複製フリーレンを倒さなくても攻略可能なのでは。

Posted byブクログ